javaエンジニアの働く開発現場の特徴

インターネット等のネットワークを活用することによってマーケティングを行ったり、顧客獲得を目指したりする傾向が強まり、そのプログラム開発に役立つプログラミング言語としてjavaが注目されるようになってきた。
プログラマやエンジニアが勉強して活用できるようになって業乖離することが多いものの、もとの職場とjavaによる開発現場とのギャップの大きさに驚愕を受けるということも稀ではない。

システム開発等に携わってきたエンジニアやプログラマにとっては、常に新規性の開拓が業務となっているのが当然であり、新しい現場においてもそれが求められていると考えがちである。
しかし、ビジネスやマーケティングへの応用を基本として考えて開発が行われているWeb業界やアプリ開発業界においては、新規性よりもユーザー視点での受けの良さが重視される傾向が強いのである。
そのため、ユーザーの興味を引くことや使い勝手を良くすることへの発想が重視され、それを実現するための技術面に着目すると卓越したプログラミング技術も必要がないことが多い。

そういった傾向から、システム開発等の最前線で活躍してきた有能な人材にとっては、それほど深く勉強をしなくても現場で活躍できる程度の能力を身につけることができてしまうことも多い。
こういった現場における需要や要求の性質に大きなギャップがあるのである。一方で、現場経験の未経験者にはIT業界参入の場として注目されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です